保健所の現状|通販サイトで薬の購入が可能!大事なペットを守るために活用しよう!

通販サイトで薬の購入が可能!大事なペットを守るために活用しよう!

並んだ白い薬

保健所の現状

お薬手帳と錠剤

近年の日本では、ペットの飼育率が高まっており、可愛いから、とか、寂しいから、などと言った生半可な気持ちでペットを飼う人が増えてきています。ペットを飼う際に必要な知識などを知らないまま、まるでぬいぐるみを買うような感覚で犬や猫を飼う、という人も少なくはないようです。その結果、間違った育て方をしてしまい、大事なペットの命を落としてしまったり、育てることを放棄したり、という残念なことも起こっているのです。もちろん、そんな飼い主ばかりではないのですが、このように無責任な飼い主が増えてきているのは紛れもない事実なのです。

保健所、という言葉は聞いたことありますよね?保健所では飼い主がわからない、いわゆる野良犬や野良猫を預かっている施設なのですが、残念なことに、飼い主自ら育てられなくなったから、と連れてくるということもあるのです。その数は犬猫合わせて年間14万匹ほど。昔に比べて預ける人も減ってきてはいますが、数値で見るとなかなか悲しい匹数ですよね。そして、引き取り手もいない、病気にかかっていて他の犬や猫にうつってしまう、大きな怪我をしていて延命は厳しい、預かってから一定期間経った、などの理由でこれ以上保健所で面倒見れない、と判断された犬や猫は殺処分されてしまうのです。保健所の実態や認知度が上がってきたこともあるので、保健所で預かっている犬や猫を引き取って飼おうという人も増えてきています。そのおかげで殺処分の数は年々減ってきているのですが、今でも年間計8万匹ほどの犬猫が殺処分されているというのが現状です。

しっかりペットのカラダや病気のことを把握して薬を飲ませるなどの処置をしていれば事前に防げたのに、ペットの育て方を理解していないがゆえに、こんな悲惨な数値になってしまうのです。犬や猫の殺処分数を減らすためにも、適切な薬の投与は必要になってくるのです。